八尾・桐谷【農サポ】キックオフイベント無事終了!

グリーンツーリズムとやまが農村ボランティアと受入地域のコーディネートを行う、
「とやま農村サポーター」事業、本格始動いたします!

この日は、八尾町桐谷集落に、富山県各地からサポーターや企業、自治体関係者約50人が集まり、田植えやトウキ畑の草むしり、行者ニンニク掘りのボランティア活動を通して親ぼくを深めました。

まず、GTとやま理事長の長崎喜一があいさつ。

続いて、須沼農林水産部長。

県議会から、宮本議員。

朝日建設株式会社、林和夫代表取締役社長。

次に、富山大ボランティアサークル「MEETS」の竹中理恵さんと、
県立大「水土里(みどり)保全研究会」の小林夕樹さんがキックオフ宣言をしてくれました。

注意事項を伝える「NPOアイ・フィール・ファイン」の長谷川さん。

さて、活動スタート!

協力し合い、田植えをします。

桐谷の風景――。

最後には、雑草の成長を抑制する効果をもつ「米ぬかペレット」をまきます。
サポーター企業の株式会社タイワ精機さんの製品です。

作業後は、みんな笑顔に!

交流会に移り、冒頭で「NPOアイ・フィール・ファイン」松田理事長があいさつ。

出荷できない米を使って、おいしい笹巻きを考案。
きなこをつけて食べると、「おいしい!」の声があがっていました。

「NPOアイ・フィール・ファイン」女性チームが、元気!

登録サポーター、受入地域の紹介です。

まずは、富大MEETSのみなさん。

続いて、県立大の水土里のみなさん。

チーム蟹谷さん。

富山県農村振興技術連盟のみなさん。

ながたん農援隊のみなさん。

水土里ネット富山のみなさん。

受入地域の紹介、

魚津小菅沼・ヤギの杜のみなさん。

NPO大長谷村づくり推進協議会のみなさん。

やるまいけ・らっきょう作り会のみなさん。

そば打ちを指南いただいた、桐谷集落の山口さん。

NPOアイ・フィール・ファインのみなさん。

ダンスパフォーマンスを披露し参加者を楽しませていただきました。

農作業を通じ、地域間で支えあう――ALL富山のこころで、明るい未来を繋ぎたいですよねっ!

There are many mountain villages in Toyama.

They really need our help to keep their villages.

June 7th, We: Green tourism Toyama held an event in Yatsuo, Kiritani villag to interchange between local areas of Toyama. We planted rice, cut weeds together, had a very useful time!

(レポ:どうしょう)