とやま帰農塾【やまだ村塾】の報告(後編)

▼2日目 8月9日(日)

牛岳から無事下山したあとは、牛岳スキー場頂上に移動してお昼ご飯を食べました。

午後からは、マコモダケの田んぼに入って草取り作業の体験です。

やまだ地域で特産化を目指して栽培に取り組んでいるマコモダケは、イネ科の植物で、株の中心にできる柔らかい新芽が食用になります。

ひとの背丈よりも伸びたマコモダケは、膝ぐらいまでの深さがある泥の中に生えています。

一度泥に足を入れると、進むのにも悪戦苦闘。

足を取られながらも、少しずつ、少しずつ進みながら、草取り作業に汗を流しました。

泥に入るためらいも忘れて、いつの間にか作業に熱中してしまった様子のみなさん。

口々に「楽しかったー」「でもこれを日々やっていくのはたいへんだねー」と、新鮮で楽しい体験だったのと同時に、マコモダケ栽培の苦労も肌で実感した様子。

マコモダケの草取り体験を終えて、宿に戻る前に、近所のミョウガ畑にちょっと寄り道…。

みなさん今日は山にも登って、田んぼにも入って、相当疲れているはずなのに、ミョウガ採りに結構夢中になっていましたョ。

【村づくり談義】&【地域交流会】の前に、『産直市場やまだの案山子』の理事長・若林さんをお迎えして、人気お惣菜メニュー「ジャガイモの煮ころがし」を披露していただきました。

じゃがいもの煮ころがしも出来上がったところで、【村づくり談義】&【地域交流会】のスタート!

この日もみなさんで、やまだ村のことについて熱く、熱く、語り合いましたョ。

最後に記念写真をパシャリ!

やまだのこと、深く深く知ることができた盛りだくさんな内容の一日。

ハードでたいへんだったけど、楽しかったですね♪

▼3日目 8月10日(月)

さあ、いよいよ最終日。今日は、『産直市場やまだの案山子』のおそば屋さん『おんもり庵』の店主・若林さんを講師にお迎えして、そば打ち体験です。

まずは先生のお手本を見て…

均等な細さに切るのってムズカシイ…

手作りおそば、美味しいです♪

そして閉講式…。

とやま帰農塾史上最多の参加者で開催されたやまだ村塾も、終わってみればあっという間でしたね…。

またやまだに来てくださいねー。待っとっちゃー。