とやま帰農塾【黒部塾】の報告(後編)

→2日目の続き…

午後からは『(有)林農産』の圃場で野菜の収穫体験です。

大きな丸いもですね。

収穫箱に入れていきます。

ネギの出荷作業も見学しました。

お次は、『松桜閣』の見学。

こちらの邸宅は、初代県知事国重正文の元私邸、黒部市指定有形文化財建造物です。

北陸の銀閣と称される楼閣数寄屋造り。

京風の粋で繊細な空間です…。

そして2日目の「地域交流会」。

高本塾長の楽しいお話もあり、2日目の交流会も盛り上がりました!

お食事も盛りだくさんです!

▼3日目 11月15日(日)

最終日の朝はちょっと早起きして、「生地(いくじ)魚まつり朝市」を見学しました。

ここでは採れたて魚介の美味しい朝ごはんも食べられるんですよ♪

行列ができるほど人気の朝ごはんです。

朝市を後にした一行は、生地の清水(しょうず)めぐりに向かいました。

北アルプスの山々から流れ下る黒部川の水は地下水となって、生地のあちこちで湧き出ています。この湧水が「清水(しょうず)」と呼ばれています。

生地の人々は昔から、飲み水や炊事、洗濯などの生活用水として、この「清水」を利用してきました。

生地地区には全部で20か所の湧水スポットがあります。

水温は一年を通じてほぼ11℃前後。

水質、湧出量、味わいがそれぞれ異なり、適度なミネラルを含んだ「おいしい水」として親しまれています。

そして、最後の体験は「郷土料理作り」です。

みんなで押し寿司を作りますよー。

木型に酢飯と具を入れて…

上からギュギューって押します。

食べやすい大きさに切って、海苔を巻いたら…

完成です!

お昼ごはんも地元の海の幸、山の幸をたっぷりと堪能。

豪勢なお昼ご飯です!

あたかかい地元の方々と触れ合えて、美味しいお料理も味わえて、本当に大満足の【黒部塾】でした。