「とやま農山漁村インターンシップIN大長谷」実施報告(前編)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

8月2日(火)~8日(月)、富山市大長谷(旧八尾町)にて、
「とやま農山漁村インターンシップIN大長谷」が開催されました。

これは地域滞在型のインターンシップ事業として、
富山県及びNPO法人グリーンツーリズムとやまが地域と協力して実施したものです。

※昨年度のインターンシップ事業実施の様子はこちら

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

今年最初の舞台となったのは、富山市大長谷(おおながたに)地域。

岐阜県境に位置し広大な自然に囲まれた大長谷地域は、近年、人口減少や高齢化が著しく、
最盛期に約1,700名いた人口は現在約60名、70歳以上の人口が全体の約四分の三となるなど
大変厳しい状況となっています。

このような中、地域では白木峰をはじめとした(観光)資源や施設を利用し、
都市農村交流に取り組んできました。

今後、地域では、地域内の資源や施設の情報を整理し人の流れをつくることで、
年間を通じた定常的な交流人口を確保していきたいと考えています。

インターンシップのテーマはこちらです。

「定常的な交流人口の確保に向けた地域資源の整理及びグリーンツーリズムへの活用」

参加者の皆さんには一週間の滞在の経て、最終日にこのテーマについて地域へ向け提案をしていただきます。
それでは、7日間のインターンシップの様子をご覧ください。

**

▼8/2(火)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

あいにくの雨となりましたが、今年度の「とやま農山漁村インターンシップ」が富山市大長谷からスタート。
7名の若者が大長谷に集まりました。一週間の滞在をとおして、地域課題に挑みます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 
開講式には地域の皆さんにお集まりいただきました。
インターンシップ受入れの中心となる”世話人”今村秀人さんをはじめ、
一週間の滞在のなかで、たくさんの地域の方にお世話になります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

さて、開講式を終えた一行は、初日の宿舎である「白木峰倶楽部」へ移動。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

ゲストとしてこちらにお招きしたのは、地域の歴史に詳しい花井彦四郎さん。
現在に至るまでの地域の変化や、住民の生業についてなど様々なお話を伺うことができました。

▼8/3(水)

インターンシップ二日目。
この日は、白木峰の麓の付近、「白木峰倶楽部」と「村上山荘」の周辺を中心に活動します。

dscn0279-1024x768

 

 

 

 

 

 

散策及び住民調査(ヒアリング)では、白木峰倶楽部や周辺のラベンダー畑のオーナーである河村さん、
そしてこの地域にお住まいの宮田さんにお話を伺いました。

img_5093-1024x768

 

 

 

 

 

 

貸別荘「クラインガルテン」を確認しつつ、村上山荘(ふるさとセンター)へ。

img_5098-1024x766

 

 

 

 

 

 

村上山荘では、こちらのご主人であり、「NPO法人大長谷村づくり協議会」の会長である村上光進さんに、
協議会の活動等についてお話を伺いました。

img_5106-1024x758

 

 

 

 

 

 

山菜やキノコ、ジビエなど、里山の幸をつかった料理が味わえる村上山荘。

dscn0282-1024x767

 

 

 

 

昼食はこちらで、シェフの村上恵さんのお話を伺いながらいただきました。

dscn0284-1024x768

 

 

 

 

 

 

午後からはキャンプ場周辺の「21世紀の森」へ。

dscn0299-1024x768

 

 

 

 

 

 

ガイドの塚原さんのご案内でコースを散策しました。

dscn0307-1024x768

 

 

 

 

 

 

夕食時には再び村上恵さんにご登場いただき、村上山荘でもメニューとして提供されている、
地域食材を使用したパスタを参加者と一緒に作っていただきました。
農山村で食べるイタリアン。これもまた大長谷の大きな魅力です!

▼8/4(木)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

早朝6時、眠い目をこすりながら集合する一行。
本日はこの地域随一の観光資源である「白木峰」登山に向かいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

昨日に引き続き、ガイドをしていただいたのは塚原さん。
植物についての解説をはさんでいただきつつ、山頂を目指します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

歩いていると、しだいに天気がよくなってきました。
歩きやすく、気持ちの良い道のりです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

1時間半弱で、ようやく頂上に到着!
スタッフはともかく、参加者の皆はまだまだ元気です!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

余力があるので、更にその先にある「浮島」へ向かうことにしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

ようやく浮島の池に到着。雲の上、まるで天国のような景色です。
観光客のピークは「ニッコウキスゲ」が咲き誇る6月ですが、緑が美しい夏場もよいですね!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

さあ、下山後は本日の宿舎である「杉ヶ平キャンプ場」にて食事にとりかかります。
インターンシップでの食事は原則自炊。皆で手分けしてつくります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

おいしそうな昼食が完成しました。いただきます!
寝食を共にすることで、次第に参加者同士の仲も深まって来た様子です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

午後からは村上光進さんのご案内で、村上山荘周辺の畑などを散策。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

都市部とはまるで違う、農山村地域の暮らしや資源。
徐々に大長谷の姿がみえてきたでしょうか。

***

後編に続きます!!