富山県の農山漁村で地方について考えてみませんか?

 

 

【重要】新型コロナウイルス感染症が再び急速に拡大している状況をうけ、     「2020とやま農村漁村インターンシップ」開催の中止を決定いたしました。

インターンシップ参加申込みの皆様方にはご迷惑をかけますが、ご理解下さいます様お願いいたします。今後山田地域でリモートを活用したイベントを企画してまいります、詳細が決まりましたらお知らせいたしますのでぜひ参加いただければ幸いです。

 

「とやま農山漁村インターンシップ」は農林業や地域づくり活動に従事し、地域社会を学んでいただく滞在型のインターンシップ事業です。

インターンシップでは、参加者は、富山県内の農山漁村地域に滞在し、ひろく「地域づくり活動」 (農林業、地域づくりワークショップ等)に取り組みます。外部から来た若者ならではの視点で、地域の現状や課題について考えていただきます。受入地域側(農山漁村)においては、参加者との交流や意見交換等をとおし、地域活性化や地域の課題解決の契機となることを企図しています。

※令和元年度のインターンシップの様子はこちら(開催地域・・・南砺市平)
※平成30年度のインターンシップの様子はこちら(開催地域・・・魚津市松倉、南砺市東中江)
※平成29年度のインターンシップの様子はこちら(開催地域・・・氷見市粟原、魚津市松倉)
※平成28年度のインターンシップの様子はこちら(開催地域・・・朝日町蛭谷、富山市大長谷、富山市山田)
※平成27年度のインターンシップの様子はこちら(開催地域・・・南砺市利賀村、氷見市八代、朝日町蛭谷)

インターンシップ中は現地に滞在し生活します
  • 当インターンシップは特定の地域に入る内容となっており、NPOの運営に関する直接の業務とは異なります
  • インターンシップ参加者は”お客さま”ではなく地域の一員として活動に取り組んでいただきます。
  • 地域に設置された世話役(インターン・サポーター)が、参加者の滞在中の生活その他について、指導的な役割を担います。
  • 実習期間は原則現地での滞在となりますが、宿泊場所(民泊、交流施設その他)、現地での移動手段及び食材(食事は主に自炊)は受入地域からの提供となります。

2020年度の参加者を募集中

現在、2020年度とやま農山漁村インターンシップの参加者を募集しております。
開催日程及び実施地域は下記のとおりです。

▼ 2020年8月24日(月)~8月30日(日)6泊7日 富山市山田地域(旧山田村)

募集の詳細につきましては、下記リーフレット及び募集要項をご覧ください。


※画像をクリックするとPDFファイルが展開します。

インターンシップへの参加をご希望の方は、申込用紙各項目に記載の上、
下記のいずれかの方法でご提出ください。

締切は2020年7月10日(金)です。(※17:00必着)
※上記の各項目が全て記載されていれば、様式はこの用紙に限りません。

・FAX(076-482-3635)
・メール(info@gt-toyama.net)
・郵送(〒930-0094 富山県富山市安住町3-14 富山県建設会館4F)