びるだん(下新川郡朝日町)

IMG_5502 

朝日岳のふもとに位置する、豊かな自然に囲まれたのどかな集落、”びるだん”。
富山三大和紙のひとつである“びるだん和紙”や、全国でも珍しいという発酵茶の“バタバタ茶”といった伝統文化をもつ地域です。

IMG_7651

集落を奥に奥に進むと現れるのが、長崎喜一さんが主宰する自然体験塾「夢創塾(むそうじゅく)」。
長崎さんは地域の子どもや訪問者に、自然の循環や、和紙製作・炭づくりなどの技術や知恵を伝えています。
長崎さん

長崎さんの「夢創塾ブログ」では、夢創塾の活動や、朝日町・びるだん地域での日々について、
紹介されています。

夢創塾ブログはこちら

 s_P8020287

近年、地域では人口減少や高齢化が急速に進んでおり、空き家や空き地が増加するなど深刻な状態となっています。今後、担い手不足による自然環境を見守る機能の低下、長年培われてきた伝統文化や農林業等生業の技術の消失など、様々な事態が懸念されます。

このような状況のなか、びるだん地域では「インターンシップ」の受入れや「農業・農村サポーター」の活用に取り組んでいます。地域課題の解決のために「今、やれること」は何か。都市住民ら外部からの知恵や力を取り入れながら、びるだん地域は活性化に向けて少しずつ前へと進んでいます。

平成27年度に実施したインターンシップの様子はこちら

平成28年度に実施したインターンシップの様子はこちら

 

※2016年5月10日更新(肩書きなどの情報は更新日時点のものです)