4/27 山菜採りサポーター@高岡市柴野 活動報告

晴れたり雨降りだったりと忙しい天候の中、
山菜採りサポーターが行われました。
(残念ながらたけのこはイノシシ被害にあい、今年はじめての全滅だそうです・・・)

まずは柴野にある山林の中に入っていきます。

歩くとすぐに発見!

「ゼンマイ」です!!

ゼンマイにはオスとメスがあり、上はメスゼンマイで食べると美味しいもの。
下はオスゼンマイで、食べてもそんなに美味しくないそう・・・


 

更に山の中を歩いていくと・・・

ほらここにもあそこにもある!と現地の西岡さん。
でも、山菜採りのルールとして、『群生していても必ず1本は残しながら採らなくてはいけない』とのこと。
「時々あるだけ採っていく人がいるが、それはやってはいけないこと。
守らないと、今後も森からの恵みがいただけなくなる=子孫に残していけなくなる」 そう。

時にはこんな木の横も歩いたりしながら、
今度は「ワラビ」を目指します。

ワラビが大量発生している場所を発見!
似ている植物にまどわされながら、なんとかワラビも採ることができました。


これが「ワラビ」。

山菜は収穫したらすぐに下処理をすることが鉄則。
手はかかるけど、春を代表する味として、とても人気があります。

スーパーで購入するのは簡単ですが、たまにはこうして緑の中へ出かけて自分で採取したものを
食べてみるのもいいですよ。

ただし!
今後も沢山の人に楽しんでもらえるよう、山のルールを守ること!
そもそも、人様の山に勝手に入らないようにしてくださいね!

柴野地域では今後も様々な活動でサポーター募集しています。
ご興味のある方はぜひお早めにお申し込みください。

↓昨年サポーターの方々に手撒きしていただいた小麦がこんなに育っていました。
まばらな育ち具合ですが、順調な生育状況だそうですよ~