とやま農山漁村インターンシップINびるだん 再訪編

s_P2080003

今夏、朝日町びるだん地域で開催されたインターンシップの参加者を対象として、
2月8日(月)~10日(水)の日程で、再訪イベントを開催しました。

6名の再訪者は、真夏とは全く異なる真っ白なびるだんで、地域内の雪かきに取り組み、
里山の冬の生活を体験しました。

▼2/8(月)
s_P2080025 (1)

再びびるだんに若者たちが集結。
開講式には、びるだん地域の皆さんとともに笹原朝日町長や鹿熊県議らにもお越しいただきました。

s_P2080109

今回のメインイベントは集落の雪かきです。

s_P2080134

暖冬によりかなり雪が少ない年ではありますが、
一人暮らしの方のお宅をはじめ、

s_P2080089

人手が足りず地域が困っている箇所を中心として、雪かきに取り組みました。

s_P2080149

続いて、雪下で甘くなった”かんかん野菜”の収穫に挑戦。
雪を掘り、土を掘り、今晩の鍋につかう野菜を自ら収穫しました。

s_P2080164 (1)

白菜、大根、赤かぶ、ニンジンなど、たくさんの野菜をゲット。
「宝さがしみたい!」との感想も。

▼2/9(火)

s_P2090223

前日とはうってかわり、あいにくのみぞれまじりの天候となりましたが、
午前中は引き続き雪かきを実施。

続いて餅つき。

餅つきや、甘酒づくりなど、普段都会ではなかなかすることのない
体験ができるのもこういった地域を訪れる魅力のひとつです。

s_P2090275

午後からは”かやあみ”に挑戦。

s_P2090292

慣れてくるとお手のもの。
お好みの素材、デザインでの作成に熱が入ります!

s_P2090329 (1)

みんなでこたつに入り、鍋を囲み、びるだんの夜は更けていきます。

▼2/10(水)

s_DSCN2969

最終日はまだまだ雪の残る夢創塾へ。
カモやヤギのエサをやり、童心にかえり”そり遊び”です。

s_DSCN2978

これで三日間の日程が終了です。
みなさん、第二の故郷びるだんに何度でも帰ってきてくださいね!