【氷見市粟原地域】インターンシップのその後

GW真っ只中の4月29日(日)。
朝から子どもたちの元気な声が粟原地域に響いています。

 

 

 

 

 

この日は今が旬の「タケノコ」掘り体験の日!!
昨年同様、雲ひとつない清々しい天気の中、各地域から沢山の人が集まってきていました。

 

 

 

 

 

集合場所から徒歩5分。気持ちのいい風が通り抜ける竹林が今日の現場です。
掘る前には、タケノコ掘りのコツを地域の方が丁寧に説明してくれました。

 

 

 

 

 

今年はタケノコの「表年」だそうで、あちこちからタケノコが!

 

 

 

 

 

 

 

 

夏のインターンシップの時にはなかった休憩所もいつの間にかできています!!

 

勢いにのって、袋いっぱいになるまでタケノコ掘りを満喫した参加者の皆さん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この後は地元のお母さん達が用意してくれていたタケノコのごはん・お汁・煮物に、
ホイル焼きのタケノコまで加えられたタケノコフルコース昼食を食べての解散となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨夏のインターンシップに参加した県内在住の学生がこの日も参加してくれましたが、
タケノコ掘りは初めてとのこと。
粟原の方々に色々とご指導いただき、なんとか形のいいままお土産として持ち帰ることができました。

粟原地域では今後もこうした交流イベントを継続していかれるそうです。
ご興味のある方はぜひ一度現地へ訪れてみてくださいね。