とやま帰農塾2017【灘浦塾】の報告

8月18日(金)~ 20日(日)
氷見市灘浦地域にてとやま帰農塾「灘浦塾」が開催されました。

▼8月18日(金)

 

 

 

 

 

九殿浜休憩所にて行われた開講式から、とやま帰農塾「灘浦塾」がスタートです!
県内十箇所にて開催される帰農塾の中で、唯一富山の”海”に焦点を当てている灘浦塾。
初日のメインイベントは魚さばきです。

 

 

 

 

 

 

 

杉木塾長ら地元の皆さんのご指導により、とにかく魚をさばきまくります!
さばいた魚は晩ごはんのお刺身に。

 

 

 

 

 

 

同時に、干物と富山名物”昆布締め”の準備も行います。
こちらは最終日の朝ごはんまでおあずけです!

 

 

 

 

 

 

自分でさばいた魚の味は格別。
灘浦の海辺の景観を満喫しながら、初日が終了です。

▼8月19日(土)

 

 

 

 

 

 

灘浦塾二日目がスタート。
この日は快晴と雨天がいったりきたりの日になりました。

 

 

 

 

 

 

全国に誇る美しい棚田景観をもつ長坂地区を訪れた一行。
この地で自然栽培の農園を営むNICEFARMの廣さんにお話を伺いました。

固定種の種と栽培方法に強い思いがあるという廣さん。
普段私たちが何気なく食べている野菜について、あらためて考える機会となりました。

 

 

 

 

 

廣さんの畑で収穫させていただいた力強いお野菜は、
この後のカレーづくりの具材となります。

 

 

 

 

 


九殿浜に戻った一行。
イタリアンキッチンオリーブの梶シェフを講師に、
魚介類をベースにした氷見のご当地グルメ”氷見カレー”作りに挑戦しました。

 

 

 

 

 

 

 

ホールスパイスを炒めるところから始まった本格的なカレー作りは無事完了!
各班ともとても美味しくいただきました。
(「お店始めようかしら?」という声も!)

 

 

 

 

 

 

つづいて天草からつくるトコロテンづくり。
昨日のお魚に続き、こちらも最終日の朝食のおかずになります。

 

 

 

 

 

 

分量どおり、行程どおりに調理完了。
あとはとにかく固まってくれることを祈るのみです…!!
(去年は失敗したそうです)

 

 

 

 

 

 

あいにくの夕立に阻まれ、残念ながら灘浦ウォークは近場のみで終了しましたが、
九殿浜周辺の環境について理解が深めることができました。

▼8月20日(日)

 

 

 

 

 

 

灘浦塾最終日。
依然天気はあやしいですが、なんとかもちそうです!

 

 

 

 

 

 

さあ、待ちに待った朝食。
いままでつくってきたものを一気に開放します!

 

 

 

 

 

 

初日につくった干物と昆布締め。
どちらも絶品です!

 

 

 

 

 

 

トコロテンも無事に固まっていました!
豪華な朝食にみな舌鼓です。

 

 

 

 

 

 

灘浦塾最後のプログラムはビーチ体験。
まずはカヤックです!

 

 

 

 

 

 

こちらはイカダ。
地元灘浦小学校の生徒さんたちが作成したというイカダは
大人でも乗ることができました!(操作は難しそう!)

 

 

 

 

 

のんびり海を見ながら釣りに興じるのもまた一興。

これにて三日間の灘浦塾は終了です!
氷見、灘浦の皆さまありがとうございました!
参加者の皆さま、ぜひまた氷見へ戻ってきてくださいね!