とやま帰農塾2017【砺波塾】の報告

6月10日(土)~12日(月)
砺波市にてとやま帰農塾「砺波塾」が開催されました。

▼6月10日(土)

 

 

 

 

 

 

”となみ散居村ミュージアム”で行われた開講式をかわきりに、
今年度第一弾のとやま帰農塾「砺波塾」がスタート。

 

 

 

 

 

 

ここでは、砺波のことを知るウォーミングアップとして、
砺波市への移住者であり地域おこし協力隊員を務める野口さんから、
地域や、空き家のこと等についてお話を伺いました。

 

 

 

 

 

散居村ミュージアムを出発した一行。
まずは林千鶴香さんの営む圃場へ。

 

 

 

 

 

 

あいにくの天候でしたが、今後の調理に使用する豆の処理作業を行い、
さらにレタス、キュウリなどの野菜を収穫させていただきました。

 

 

 

 

 

続いて、中西塾長らJA女性部のスタッフの皆さんのご指導のもと、
郷土料理づくりに挑戦。

 

 

 

 

 

 

”よごし”、”ゆべす”、”赤ずいきの白和え”など手分けしてつくりました。
どれも絶妙な美味しさです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜もふけて天気も回復したようです。
この日は砺波を代表するお祭りである”となみ夜高まつり”の開催日。
お祭りの開始にあわせ、一行は砺波市の中心部へ向かいます。

 

 

 

 

 

 

ものすごい勢いでぶつかり合う巨大な行燈と行燈!!

会場周辺はあふれんばかりの人だかりでしたが、
地元の皆さんのご案内で、迫力のあるぶつかり合いを間近でみることができました。

▼6月11日(日)

 

 

 

 

 

 

砺波塾二日目。
前日とはうって変わり気持ちのよい快晴となりました。

 

 

 

 

 

 

まずは、埜村丈雄さんの圃場にて、チューリップ球根の収穫後処理作業を体験。

 

 

 

 

 

 

砺波市はチューリップ球根の生産量日本一。
大切な球根を傷つけないよう、皆さん慎重に作業をすすめます!

 

 

 

 

 

 

球根について学んだところで、チューリップ四季彩館へ。

 

 

 

 

 

 

色とりどり、様々な種類のチューリップに囲まれながら、
チューリップの生態や歴史について理解を深めました。

 

 

 

 

 

 

昼食はみんなで調理体験。
この地域の名物である”大門そうめん”の茹で方などについて教わりました。

 

 

 

 

 

 

続いては農園とカフェを営む「梅香園」さんへ到着。

 

 

 

 

 

 

まずは、木の香りが心地よい「米粉カフェ梅香にて、
”せっけんづくり”の六次産業体験です。
ラベンダーのにおいが爽やかですね!

 

 

 

 

 

 

美味しいおやつをいただき、次は圃場へ移動。
オーナーの梅本さんのご指導のもと、玉ねぎの収穫作業を行います。

 

 

 

 

 

 

近年、となみ野の新たな名物として栽培が拡大している玉ねぎ。

ほとんどは機械による収穫となるそうですが、
今回は手作業が必要となる箇所についてお手伝いしました。

 

 

 

 

 

 

作業終了!
達成感があります!

 

 

 

 

 

 

そして、日没の少し前をめがけて「夢の平散居村展望台」へ。
展望台から望む、散居村の美しい夕景に心洗われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その夜は塾長中西さん宅にて交流会が開催されました。
近年移住された方々も含め、砺波の皆さんと様々な言葉を交わすことができました。

▼6月12日(月)

 

 

 

 

 

 

砺波塾最終日。
まずは、砺波の散居村を代表するアズマダチ建築である”入道家”を見学。
1853年につくられた建物で、当主の入道忠靖さんはなんと12代目だそうです!

 

 

 

 

 

 

解説は”砺波土蔵の会”の織田さん。
散居村やカイニョ、邸宅、そしてとなみ野の人々の真中にある
浄土真宗の考え方などについてお話いただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入道家の皆さまありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

最後に訪れたのは、大人気の日本酒”苗加屋”など、
数多くのお酒を製造する「若鶴酒造」の大正倉。

 

 

 

 

 

 

 

 

若鶴酒造の歴史や蔵、お酒のつくりかたなどについて、様々なお話を伺いました。

**

以上で二泊三日の砺波塾が終了です。

砺波の皆さんありがとうございました!
参加者の皆さん、また是非この地域に戻ってきてくださいね!