とやま帰農塾【井波塾】の報告

散居村の生活に根ざした循環の知恵。
10月28日~30日、南砺市井波地域等にてとやま帰農塾「井波塾」が開催されました。

▼10月28日(金)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

塾長の杉森桂子さん宅(散居村にあるアズマダチ家屋)で行われた
開講式から井波塾がスタート。

さといもを中心とした農業を営む杉森さん。
早速外へ出て、今が旬のさといも掘りに挑戦です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

掘ったさといもをバラしていく作業はなんとも心地よく、
「天気よかったらいつまででもやってられる!」との声も。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 
続いて、”ずいき”を干す作業に取り組みます。

ずいきとはさといもの茎を指しますが、
イモだけでなくこの部分も美味しくいただくことができます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 
皮をむき終わったら、ずいきを吊り下げるための縄をないます。
しかし、これが難しい!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

昔は必須のテクニックだったという”縄ない”。

いまはやったことがない人のほうが多いかもしれません。
だからこそ皆さん夢中になります。

移住者をゲストにした交流会をへて一日目が終了です。

▼10月29日(土)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

二日目は、旧福光町の土山(どやま)地域にて一日をすごします。
イワナの養殖も行っているこの地域で、午前中はイワナ焼き体験です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

まずはイワナをゲット!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

続いて、串に通します。
このとき魚をS字にひねるのがけっこう難しいのです…!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

そして、焼きます!ああ、美味しそう!
一連の行程を体験することができました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

土山地域では、最高品質の炭焼きを行っています。
こちらが炭窯です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

ここでは炭焼きに係る作業をお手伝いさせていただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

平野部とはまた異なる山の生業を体験した、土山での時間でした。

▼10月30日(日)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

井波塾最終日。

散居村の住宅を守る屋敷林は”カイニョ”と呼ばれていますが、
雨や風、雪から家を守るだけでなく、家の部材として使用するなど、
この地域のライフスタイルと切ってもきれない関係にあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

というわけで、この日の朝はカイニョから落ちた”すんば”のお掃除。
散居村での暮らしは、環境の管理とともにあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

井波塾最後のプログラムは、さといもを使用したお料理づくり。
炊きたてのさといもはすでにおいしそうです!

さあ、何ができるでしょうか?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

ほかほかのさといもをつぶして、、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

あんこやきなこをつけたら、”さといもおはぎ”の完成です!!
やわらかい触感とさといもの風味がたまりません。

**

その後の閉講式をもって井波塾は終了です。

井波、福光の皆様ありがとうございました!
参加者の皆さん、また是非この地域に戻ってきてくださいね!