『巖浄閣-がんじょうかく』(福野高校(旧富山県立農学校)旧本館)

エリア
砺波・五箇山エリア
目的
文化
◆県内唯一明治期の学校建築

明治36年、旧県立農学校本館として建設された建物です。
明治42年には皇太子(大正天皇)の御座所になった由緒ある建物でもあります。
この校舎は地元の資産家で県会議員でもあった島巖(しまいわお)氏の強い思いで建てられました。
南砺福野高校の事務所に事前連絡をすれば、由緒ある内装等も見ることができます。

昭和62年「富山県の建築百選」に、平成9年、国の重要文化財に指定されました。
保存と活用がしっかり成されており、今後が楽しみな建造物です。

福野高校(旧富山県立農学校)『巖浄閣』1

◆小川も流れる趣ある洋風庭園

福野高校(旧富山県立農学校)『巖浄閣』2 福野高校(旧富山県立農学校)『巖浄閣』3 福野高校(旧富山県立農学校)『巖浄閣』4

◆アニメの世界再現 2013『Another展』開催場所

「巖浄閣」を舞台モデルにしたアニメ「Another(アナザー)」の登場人物の等身大パネルや原画、
動画など95点を集めた展示会が開催され、全国からファンが来場しました。

『巖浄閣-がんじょうかく』

※ご訪問日前に、上記の電話番号まで申し込みが必要になります。

大きな地図で見る