南砺市福野の郷土料理『いもがい餅』

エリア
砺波・五箇山エリア
目的
直売所・地産地消のお店、文化
◆福野の里芋を使った『いもがい餅』

昔から南砺市で食べられている、うるち米ともち米の中に里芋を混ぜて作ったおはぎ。新米が取れる頃に作る習慣があり、かい餅(ぼた餅)からいもがい餅と呼ばれている。旬彩市場『ふくの里』で販売しており、手づくり体験することも可能です。

いもがい餅1 いもがい餅2

◆福野のごっつお 『里芋まつり』

毎年、里いもの収穫感謝祭として開催されている祭りで、旬の味覚として福野の里芋を使用した田楽や里芋汁、里いもコロッケ、里いもおはぎなどが販売されます。ステージでの、吹奏楽演奏や民謡などを楽しみながら、多彩な里いも料理を楽しめます。年末の贈答用・正月用の里いもを買い求める人も多く、市内外からの多くの来客で賑わいます。
【開催日】 毎年11月23日 10:00〜
【開催場所】福野体育館(南砺市寺家八田島321番地の1)

旬彩市場『ふくの里』

大きな地図で見る