砺波市定住体験ハウス 佐々木邸

エリア
砺波・五箇山エリア
目的
体験宿泊施設、文化
◆砺波地方の伝統的家屋・マエナガレの家

築100年以上の歴史がある砺波地方の伝統的家屋の佐々木邸は、
切妻造り(マエナガレ様式)で雪国に適したつくりになっています。
それでいて、夏は涼しく、冬には温かく、広間は冬の積雪に耐えるため、
太いケヤキの柱と梁とが頑丈に組まれた「ワクノウチ造り」になっています。

散居村体験施設 佐々木邸

◆砺波平野の中心、農村風景の広がる荒高屋地区

砺波市の中心市街地から南に約4.5km、国道156号線からも近いです。
強風をやわらげてくれる屋敷林(カイニョ)に囲まれ、
あたり一帯は日本の農業の原風景とも言える敷居村(※)となっています。

散居村体験施設 佐々木邸1 散居村体験施設 佐々木邸2 散居村体験施設 佐々木邸3

※敷居村=広大な耕地の中に民家(孤立荘宅)が散らばって点在する集落形態のこと。

砺波市定住体験ハウス 佐々木邸

※こちらは申請手続きが必要な施設です。
まずは上記連絡先までご相談の上、利用についてご検討ください。

大きな地図で見る