上市町の特産品と地域情報が集まる「里山の駅 つるぎの味蔵」

エリア
立山・上市エリア
目的
直売所・地産地消のお店

上市町の特産品をはじめ、地域情報なども一堂に集まる「里山の駅つるぎの味蔵」。敷地内にはロードバイク用のスタンドもあり、サイクルスポットとしても知られています。

店内の商品について、丁寧に説明してくださるのは、フレンドリーで気さくな店長の山下絵里さん。

店内に入ってすぐ目に入るのが、上市町が誇る人気商品、こだわりの生姜で作ったシロップ「上市でしょうが!」や、目に良いとされる「メグスリノキ」のブレンドティー「九宝茶シリーズ」などの看板商品。

また、地元の加工グループ「メデルケ」が手がける、上市産のワラビやズイキを使ったドレッシングも人気。

地元産のこんにゃく芋を使い、同じく、地元の名水、「穴の谷(あなんたん)の霊水」仕込みで手作りされたこんにゃくもファンの多い一品。「上市には作り手の農家さんや生産者さんのこだわりが詰まった素晴らしい商品がたくさんあります。そんな素敵な商品の魅力を、味蔵を訪れる方々にお伝えさせていただいています」と山下さん。

店頭では地元上市町のお母さんたちが仕込んだお味噌も年間を通して販売されています。併設の農産物加工研修施設では、毎年1月から冬季期間お味噌作り体験も行われています。

今、流行のジビエ、イノシシ肉を使ったカレーは、上市町の食材を使い、富山で人気の「ひみつカレー」さんが監修を手がけた独自のブレンド。辛さの調節は唐辛子でなく、生姜でアクセントをつけているので、食べると身体もポカポカ、唐辛子の辛さが苦手な人でもオススメだとか。

「今年の干支もあって、よく売れます。ごろっと入ったイノシシ肉の食べごたえがしっかりとあって、ご満足いただけます。私もパワーをつけたい時や自分へのご褒美に食べていますよ」と山下さんも太鼓判の美味しさ。一方、チキンカレーはスモークした肉質の締まった鶏肉を使い、なんと、「柿」を隠し味に使っているそう。甘口ですが、スパイシーはしっかりと残っています。ちなみにこちらも「メデルケ」のシリーズ。

農家さん直送の食材を使った、いちごやたまご、よもぎ、小松菜、安納芋、トマトなどジェラートのコーナーも。

そして、週末限定の里芋プリン、「GOSHIKI Pudding」もお見逃しなく。上市町産の里芋をベースに、くるみ、クコの実、黒豆、干し柿、かぼちゃの種、柚子の皮、5色の具材をトッピングした薬膳風、新感覚のヘルシースイーツです。

上市町の女性養蜂家さんの手がけるハチミツ(2019年秋ごろ入荷予定)や、 エッセンシャルオイルなどの精油、女性陶芸家さんの器なども手に入るので、人に贈りたいギフトとしても、ぴったりな一品が見つかるはずです。

里山の駅 つるぎの味蔵

大きな地図で見る