散居村の風景 『あずまだち高瀬』

エリア
砺波・五箇山エリア
目的
文化
◆あずまだち家屋と美しい散居村の風景を伝える施設

【主な用途】 各種会議、展示会、講座、講演会、調理実習対応可
【利用料金】 見学無料 (会議室利用の場合 別途料金)

あずまだち高瀬1 あずまだち高瀬2 

◆伝統的家屋を後世に

昔の人々の努力と知恵と技。それに生活様式が重なってできたアズマダチ。
聞き慣れない方は「アズマダチ」って何だろう?と思うはずですが、聞いてみて納得。
「アズマダチ」=東向きに建っている。ということなんだそう。

季節風が吹き付ける西~南にかけては屋敷林(主にスギやヒノキ)を植え、建物を守ると同時に、
屋敷の補修に使用する木材を育てています。

また、一歩中に入ると「ワクノウチ」という工法に目がいきます。
昔の立派な木材を惜しげもなく使い、豪雪に耐えうる強度と、パッと目を引く豪華な空間作りを
両立させている工法です。

「アズマダチ」の屋敷の周囲には田園が広がり、一軒一軒は区別しながらも、
地域全体で一つのコミュニティであることをしっかりと感じられる砺波地域。
田に水を張る時期の敷居村展望台からの景色は、見た人を必ず感動させてくれます。

気軽に無料で立ち寄れる施設で、伝承されてきた歴史と建築に目を向けてみませんか?

あずまだち高瀬

大きな地図で見る