八尾のもうひとつの名物 『曳山展示館』

エリア
富山・八尾エリア
目的
文化

◆豪華絢爛な越中八尾の曳山
八尾と言えば「おわら 風の盆」のイメージが強いですが、もうひとつの名物「曳山」も負けていません。越中八尾観光会館内の曳山展示館では、越中八尾に伝わる壮麗な6台の曳山のうち、常時3台をみることができます。越中八尾は養蚕や和紙で栄えた歴史をもち、そのため、これらの曳山は井波彫刻や城端塗りなど当時の越中美術の粋を集めた豪華絢爛なものとなっています。7メートルを超える曳山、そしてこれらを搬出するための扉の迫力に息をのみます。こちらではガイドの方から詳しい説明を聞くことができます。

【料金】
大人 500円(税込)
小人 300円(税込、高校生以下)
※20名以上の場合割引あり

◆越中八尾曳山祭
毎年5月3日に開催される「越中八尾曳山祭」では、6台の曳山が出揃い、坂の町八尾を練り歩きます。八尾の曳山は人力だけで動くため、人々が曳山を操る迫力の光景をみることができます。また、5月1日は本番に向けた準備の日となっており、曳山展示館に展示された3台の曳山の搬出や、解体して保管されていた他の3台の曳山の組立てなど、祭の裏側をみる貴重な機会となっています。

IMG_0829-200x150 IMG_0848-200x150 IMG_0843-200x150

越中八尾観光会館 曳山展示館

大きな地図で見る