八尾・諏訪町の〝さしもの〟『利一(りいち)工房』

エリア
富山・八尾エリア
目的
工芸


◆八尾のさしもの師が築いた粋な技の〝宝箱〟

風情ある八尾・諏訪町の本通りには、多くの商店や飲食店が軒を連ねています。
その中で、ふと目に留まったが「利一工房」。
小上がり式の店内には緻密な細工が施された工芸品が並べられ、製作場面も店内で見ることができます。

一代で同店を築いたのは、指物(さしもの)師の北山利一(としかず)さん。
指物とは、板をさし合わせて(組み合わせて)作る家具や小物の総称を言います。
「アワビの殻の裏側部分や卵の殻を細かく切り取る作業は緻密さを極めます。」
と語ってくれました。

ブローチやアクセサリーからぐい飲みまで、どの品も漆黒や紅色の深い輝きを放っていました。
〝伝統〟と〝モダン〟が溶け合う技術の『粋』がぎっしり詰まり、お店はまるで宝箱のようです。

riichi-3-200x150 riichi-9-112x150 riichi-21-200x149 riichi-8-112x150

riichi-6-200x150 riichi-5-200x150 riichi-7-200x156

利一(りいち)工房

大きな地図で見る