立山芦峅ふるさと交流館・郷土料理 『つぼ煮』

エリア
立山・上市エリア
目的
地産地消のレストラン・カフェ・農家レストランなど、料理教室、文化

◆立山芦峅ふるさと交流館
立山の大自然に囲まれた中で、ふれあいを通してくつろいでもらう交流館として、旧芦倉保育園を改装してオープンしました。館内では、郷土料理の『つぼ煮』や『やきつけ』が食べられます。写真の芦峅ミニ御膳(700円)には、郷土料理の『つぼ煮』や『やきつけ』、『かっつる』というじゃがいもの甘から煮やごはんがついてボリュームたっぷりです。その他、山菜そばや、予約制の芦峅立山御膳(1,500円)などがあります。image-200x150

【郷土料理】つぼ煮 300円
やきつけ(よもぎと餅粉に味噌で味付けし焼いたもの) 1個100円

 

◆立山の宿坊で出されていた精進料理『つぼ煮』
『つぼ煮』は、江戸時代に立山登拝する人に立山芦峅寺の宿坊で出された精進料理です。乾燥こごみを戻したもの・里芋・人参・油揚げなどで作ります。ツボ椀で出した料理から、『つぼ』と呼ばれ今でも行事には欠かせない郷土料理になっています。821a461f23e4b67b08e4b9da4431c4f2-200x150

立山芦峅ふるさと交流館

大きな地図で見る