「ここでしか食べられないスペシャルなピッツア」村上山荘

エリア
富山・八尾エリア
目的
宿泊施設、地産地消のレストラン・カフェ・農家レストランなど

富山の秘境とも呼ばれる、大長谷(おおながたに)。ここにある村上山荘では、本場さながらの絶品ピッツアをはじめ山菜イタリアンがいただけるとあって、訪れる人が後を絶ちません。山荘&食事処を切り盛りするのはシェフの村上恵美さん。村上山荘は、その名前の通り宿泊と食事のできる施設です。

 

40年ほど前、叔父にあたる村上光進さんが始めたこちらの山荘。かつては、渓流釣りを楽しむ釣り人が多く宿泊したそうですが、今では白木峰や金剛堂山を目指す登山客がほとんど。「この近くには、ほかに、一棟貸し別荘の『白木峰倶楽部』やキャンプ場のコテージもあるので、シーンや目的に応じて宿泊施設をお選びいただけます。この山荘が人と人がつながるきっかけになれば」と恵美さん。

 

大長谷で生まれ、学校卒業後は、大阪にあるイタリアンのお店へ修業に。当初、2年のはずが、9年大阪暮らしをした後、地元の大長谷へ。この先を考えた時、家の跡継ぎ問題もあって「いずれは富山に戻らなければ」とUターンしました。

イタリアで行われたピッツァの世界選手権で日本人として2位に輝くなど、料理人としての腕前はお墨付き。「富山に戻ってきたのもピッツアが焼きたかったから。『富山でお店をやろう』とはずっと思っていて、やるなら得意のピッツアで勝負しようと」。

 

ふきのとう、山菜、きのこなど、山の恵みが豊かな大長谷。食のイベントで、この大長谷の素材を使った山菜イタリアンを出したところ、思った以上に好評だったことも、この地でお店をやる決め手となりました。お祖父さんはきこり、左官業をしていたので、ピザ釜を作って火を起こすのもお手の物。「ここでピッツアを始める環境がすべて整っていました。今思うと、宿命でした」。

 

お店のイチオシメニューは、ふきのとう味噌など地元の食材を使ったピッツア。それに、大長谷ならではのジビエ、イノシシ肉を使ったミートソースのパスタも人気メニュー。地元の人がバジルを届けてくれれば、そのお礼にピッツアでお返しをする、そんなあたたかな関係性を築けているのも、恵美さんの気さくな人柄が多くの人に愛されているがゆえ。

恵美さんの手にかかると、大長谷の山の幸もこんなお洒落な前菜に。

12月~3月までの冬期、お店はクローズしますが、その間は、県内のイベントで出張料理人として腕をふるうなど、オフシーズンならではの活躍も。同じ料理人とコラボしたり、地域の活性化を担う若手らと新たな試みを仕掛けたりと、恵美さんの活動はまさに「食による村おこし」。「イタリアンにこだわらず、この土地の食材と旬の食材を組み合わせて、食を通じた大長谷の情報発信ができれば。80歳になってもずっとピッツアを焼き続けたいですね」。

看板犬のハルちゃんも皆さんのお越しをお待ちしています。

村上山荘(お食事&宿泊)

大きな地図で見る