日本最北端のみかんー灘浦みかんー

エリア
高岡・氷見エリア
目的
自然・自然体験、農園

◆暖流と寒流が交わる灘浦地区でのミカン栽培
氷見市は、日本で最北端のみかん農園がある地で、りんごとみかんを同時に本格栽培しています。みかんは温暖な所でしか育たないのですが、氷見市灘浦地区は暖流と寒流が交わる影響で、まわりより少しだけ暖かくみかんが育つとのことです。

【販売】JAグリーン氷見
富山県氷見市朝日丘3931-1
TEL 0766-72-4831   FAX 0766-72-4830

◆灘浦かんきつ研究会
JA氷見市宇波支所の働きかけにより『灘浦かんきつ研究会』は現在40人を越え、栽培農家に向けて勉強会を開いたり、県外のみかん産地に視察研修も毎年行っているとのこと。これらの努力の甲斐あって、農協や市全体で灘浦みかんを氷見の特産品にする動きが活発になってきているそうです。

◆立山連峰が一望できる展望台の灘浦みかん

967fe0885c60505a1c11967f2f99177c-200x150 198bbd6a8ed37bf0cd756b8e2d5e8e20-200x150 DSC04711-200x132

 

JA氷見市宇波支所(問合せ)

大きな地図で見る