とやま農山漁村インターンシップ

IMG_5502

「富山県の農山漁村で地方について考えてみませんか?」

2015年8月、県内二か所で滞在&課題解決型の「とやま農山漁村インターンシップ」を実施します!現在参加者を募集中(2015年6月30日締め切り)!

1.「とやま農山漁村インターン」とは?
主に都市圏在住の学生ら若者世代を対象として、農林業や地域づくり活動に従事し、地域社会を学んでいただく滞在型のインターンシップ事業です。受入地域側(農山漁村)においては、参加者との交流や意見交換等をとおし、地域活性化や地域の課題解決の契機となることを企図しています。
インターンシップでは、参加者は、富山県内の農山漁村地域に滞在し、ひろく「地域づくり活動」 (農林業、地域づくりワークショップ等)に取り組みます。外部から来た若者ならではの視点で、地域の現状や課題について考えていただきます。
実施期間はいずれも7日間(初日は午後開始、最終日は午前終了の実働6日間)です。

下記の二地域での実施となります(蛭谷は二回開催)。
① 8/24(月)~30(日)
富山県南砺市利賀(とが)
【テーマ】農山村地域における都市農村交流やグリーン・ツーリズムに利用可能な地域資源の発見・提案

② 8/2(日)~8(土)、8/19(水)~25(火)
富山県下新川郡朝日町蛭谷(びるだん)
【テーマ】農村地域の現状調査及び課題解決
※いずれも日程も基本的な実施内容は変わりません。

●内容の詳細は下記PDFファイルをご参照ください。

5621deba8a18b839c7a4321764bb05e8-138x2002a831ec055ed4fee4e1d0936ea40500d-138x200

2. 受入団体
富山県指定交流地域活性化センター「NPO法人グリーンツーリズムとやま」が受入団体となります。なお、インターン実習は全日程とも特定の地域に入る内容であり、NPOの運営に関する直接の業務とは異なりますので、あらかじめご了承ください。

3. インターン中の生活・費用
・インターン中は地域に世話役(インターン・サポーター)を設置し、滞在中の生活その他に
ついて、指導的な役割を担います。
・実習期間は原則現地での滞在となりますが、宿泊場所(民泊、交流施設その他)、現地での移動手段及び食材(食事は主に自炊)は受入地域からの提供となります。現地までの交通費は支給されませんのでご了承ください。

※詳しくは下記PDFファイルをご覧ください。

4.応募について

応募締切:2015年6月30日(火)※郵送の場合消印有効
募集要項をご確認の上、下記の申込用紙(PDF)により、メール、FAX、または郵送により「グリーンツーリズムとやま」宛てお送りください。宛先は下記のとおりです。

メール:info@gt-toyama.net
FAX:076-482-3635
郵送:〒930-0094 富山県富山市安住町3-14 富山県建設会館4F

※募集人数は各期間とも概ね6名程度。応募者多数の場合抽選となります。
※全日程参加を原則とします。ただし、それが困難な場合、2泊3日以上かつ最終日の
参加が可能な方のみ応募可能とします。
※応募者には、7月上旬に結果をメール等で直接本人にお知らせします。
※滞在期間中の詳細内容につきましては、2週間前を目途に、参加者へ送付します。

●応募要項・応募用紙は下記PDFをご利用ください。

ee3be1d100caf1aa771552d59c2bd436-138x2005f63f49b6b7d98988e1002a4a4f2d6d5-138x200